« 2018年01月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2013年02月20日

今回の「ゆかし」の記事

今回のユカシの記事
この世の中、当然のことながら色んな考え方がある。 o(^^o)

「社長とはどうあるべきか?」でも色んな考えがあるけど、その中でも「将来社員が私のような社長になりたいと思わせるためにも贅沢しています。」という社長が結構いる。

この考えはどちらかというと美容系が多い。

でも、社長が贅沢をすると頑張って稼いだお金が社長の無駄遣いに使われている感じがする社内メンバーもいるんじゃないかな。

このあたりはどちらが正しいという議論をしても意味がないところだけど、今回、ゆかしに書いた記事は私のイメージとは違う記事かも・・・。

勝手に自分自身のイメージを言うと、別にブランド品もほとんど持っていないし、欲しいモノもないので、贅沢している雰囲気は全くないと思う。

だけど、今回のゆかしの記事は、社長のお給料(正確には役員報酬)はきちんと高い金額にしないといけないと書いた。

これは大変重要な話で、あのヒューマンマネジメントの神様である松下幸之助よりもお金持ちの社員はパナソニックにはいないように、やはり社長とはいえ人です。

よって社長がきちんとした報酬を得ていないと、それ以上がないわけなので、やはりきちんとした対価は社員のためにももらう必要があると思うのです。

私の自宅の目の前にあった某上場企業のスーパーですが、財務諸表を見ると社長の年収は600万円程度だと思われます。

上場企業の社長でその金額だと社員は夢も希望も無くなると思うのです。

贅沢するかどうかは議論が分かれるところかもしれませんが、社長はまずは会社の利益を出し、適切な対価をもらう必要があると思っています(利益が出ていないのに相応の対価をもらっている社長は論外)。

まぁ、山のように個人保証もさせられているしね・・・。 \(-_-メ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.moritakentaro.com/cgi/mt/mt-tb.fcgi/1112

株式会社グリーンツリー代表取締役 森田健太郎

株式会社グリーンツリー
代表取締役 森田健太郎

日本大学大学院理工学研究科物理学専攻博士前期課程修了

専門はSEOとホームページから見込顧客を獲得して売上アップさせる現場派コンサルタント。特に、SEOとホームページから売上をアップさせるノウハウについては数少ないエキスパートの1人として定評がある。一部上場企業を中心に、講演依頼は年間50回以上。またセミナーの満足度は驚異の97%。

Google +1