« 2018年01月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2013年10月03日

希望退職・・・

希望退職

昨日、あのグリーが全体の10%にあたる200名の希望退職を募集したみたい。

確か今年の2013年に入社した新入社員の募集要項の給与の欄には「420万~1,500万円(院卒は450万円~1,500万円)」と明記されていた話は超有名。

あれから1年ちょっと、いきなりの希望退職・・・。

ちなみに200名を削減した場合、グリーの平均年収は743万円なので、法定福利費なども考慮すると、少なくとも800万円は削減が可能。よって、16億円のコスト削減となります。

でも2013年6月の経常利益は532億なので200名削減しても16億なので、あまり影響がないような・・・。

それともこの16億を削減するほど、急速に財務状況が悪化しているとか?(それはないでしょうね)

株価対策? ( ̄△ ̄#)

さて、希望退職は優秀な人材が抜けやすいので、この影響はものすごく大きく、16億以上の損失が出る気がします。

先日、DeNAの南場さんの本(不格好経営)を読みましたが、人を大切にするDeNAとは経営方針が明らかに違いますね。

私の前職では経営難で何度もリストラが行われました。

当時のリストラは会社存続のためには致し方ない状況でしたが、そもそも攻めの姿勢が強すぎ、積極採用しすぎた事(=過剰人員)がそもそもの問題です。

グリーも同様で、592人(2011年)→1,730人(2012年)→2,364人(2013年)と恐ろしい状況・・・。

さて現在、グリーンツリーグループでは35名程の人数が居るので、10%の希望退職者を募るということは、3人~4人が会社を去ることになる。

うーむ、あり得ないな・・・。 (ー"ー )

グリーンツリーの場合、成長共に、社員数が徐々に増えており、積極採用をしていません。

結果、グリーンツリーグループの場合、今までリストラもありません。

今後もそういった経営をしっかりとやっていきたいですな。o(^^o)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.moritakentaro.com/cgi/mt/mt-tb.fcgi/1154

株式会社グリーンツリー代表取締役 森田健太郎

株式会社グリーンツリー
代表取締役 森田健太郎

日本大学大学院理工学研究科物理学専攻博士前期課程修了

専門はSEOとホームページから見込顧客を獲得して売上アップさせる現場派コンサルタント。特に、SEOとホームページから売上をアップさせるノウハウについては数少ないエキスパートの1人として定評がある。一部上場企業を中心に、講演依頼は年間50回以上。またセミナーの満足度は驚異の97%。

Google +1